Profile│Pianist Naomi Fujiya Official Website│プロフィール ピアニスト藤谷 奈穂美 公式ホームページ
Pianist Naomi Fujiya Official Website│藤谷奈穂美 公式ホームページ
日本語 │ Italiano

Profile

藤谷 奈穂美 (ふじやなおみ)

Naomi Fujiya│藤谷奈穂美プロフィール
ローマを拠点に日本、ヨーロッパを中心に世界的に活躍するピアニスト。

4歳よりピアノを始め札幌大谷短期大学音楽科ピアノコース卒業、同専攻科、研究科終了。副手を務める。
イタリア・エステンセ、ペスカーラ両音楽院にて最優秀賞を得て首席で卒業。
ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番をボローニャ管弦楽団と共演しイタリアデビューを飾る。 その後イタリア、スイス、ドイツ、日本、アメリカ、コロンビア、コスタリカ共和国、レバノン等で演奏し活動の幅を広げる。多数の国際コンクール上位入賞。
2014年在レバノン日本大使公邸、並びにサン•ジョセフ大学に招待され演奏し高評を受ける。日本の音楽を国際的に広める活動も積極的に行う。

ソロのみならず、オーケストラとの共演や室内楽の演奏者としても、高い評価を得ている。これまでにミラノ・ スカラ座管弦楽団首席クラリネット奏者ファブリツィオ・メローニ氏、オペラ座管弦楽団バスクラリネット奏者サウロ・ベルティ氏、マルコ•マッツィーニ氏(ペルー)等、世界的に著名な音楽家との共演やマスタークラスにて伴奏ピアニストを務める。
また、多数の国際音楽祭にてピアニストも務めており、中でも「国際クラリネットフェスティバル」(コスタリカ共和国)で共演した、ポルトガルで最も著名なクラリネット奏者アントニオ・サヨーテ氏からは「テクニック、音楽性共に大変優れており、室内楽にもしっかりと適応できる、数少ない優秀なピアニストの一人である」と評される。

その演奏の魅力は、「内面から変わる事」を目標に単独渡伊した大きな決意、 そして西洋の文化を徹底的に身につけたものによるものである。オリヴァー・ケルン氏に師事し、限界の無い表現力を身につけ、 偉大な伝統的ピアニスト、ミケランジェリの高弟、ブルーノ・メッツェーナ氏に音色、テクニック、 ペダリングを教わる。その芸術性の奥深さは底知れぬものであり、探求は今なお続く。20世紀の作曲家、 シェーンベルグを含む難曲や邦人作品にも挑み、幅広いレパートリーを持つ。

「ピアニスト藤谷奈穂美をよく知っている。彼女は素晴らしいピアニストだけでなく、“人”としても 非常に信頼できる。最近は、“早さ”というだけのテクニックで世に出るピアニストが残念ながら大変多い中、 彼女の演奏はそうではなく非常に素直で繊細、そして奥深い芸術性がある。これは彼女の人間性がそのまま出ているのである。真摯なピアニストであるためにはこれらのことを持ち合わせていなければならないのだ。 私は彼女がその全てを持っていることを大変嬉しく思う。」(オリヴァー・ケルン氏より)
このページのTOPへ

Curriculum

Naomi Fujiya ha iniziato lo studio del pianoforte a quattro anni e si e laureata nel 1999 all’Universita Otani di Sapporo (Giappone) dove e poi stata assistente fino al 2002. Si trasferisce in Italia nel 2003, diplomandosi con il massimo dei voti e lode nel 2005 all’Accademia Musicale Estense con il M°Oliver Kern e nel 2008 all’Accademia Musicale Pescarese con il M° Bruno Mezzena.
Ha debuttato in Italia con il secondo Concerto di Rachmaninoff a Modena diretto dal M° Michele Mariotti e da allora ha tenuto numerosi concerti in Italia, Svizzera, Germania, Stati Uniti, Costa Rica, Colombia e Giappone compreso il recente Festival Piano City di Napoli.
Ha vinto diversi concorsi nazionali e internazionali. Svolge attivita di cameristica con musicisti come Fabrizio Meloni (Scala di Milano), Sauro Berti (Opera di Roma), Antonio Saiote (Portogallo), Marco Mazzini (Peru) e Federico Pivato (Adjoint artistique del prof. Sergiu Schwartz All’HEMU “HEUTE ECOLE DE MUSIQUE DE LAUSANNE”).
E’ pianista accompagnatrice in diversi corsi e concorsi del clarinetto, flauto, violino e violoncello.
Sono di rilievo la presenza di alcuni video nella TV online Limen Music e la pubblicazione del CD “Suggestions” per Edipan di Roma in duo con Sauro Berti.
Il suo repertorio spazia dal barocco al contemporaneo con predilezione per il periodo romantico.

"Naomi Fujiya e soprattutto un grande essere umano; caratteristica importante se si vuol fare la professione da musicista vero. Nel mondo di oggi purtroppo valori profondi non contano piu tanto. Velocita, effetti e superficialita spesso prendono il posto di una ricerca sensibile, onesta, profonda, responsabile dell’idea del compositore. Sono felice che Naomi e una pianista sensibile, onesta, profonda, responsabile. In combinazione con la sua personalita forte un concerto suo e un evento da non perdere.” (M°Oliver Kern)
To page top

ProfileSchedule │ Blog │Photo Album │ Movie │Links │ Mail
inserted by FC2 system